興味はあるけれど、大変そうだからカブトムシを飼いたいとは思わない方にピッタリです!

あのペットボトルで幼虫を飼育することができ、

しかも、羽化させることもできるんです。

今回は、カブトムシの幼虫をペットボトルで飼育する方法について

説明していきたいと思います。

カブトムシ ペットボトル 幼虫 飼育 羽化

ペットボトル飼育ケースの作り方と管理方法について

用意するのは、ペットボトル(2L)の空き容器と幼虫マットです。

この飼育ケースだと幼虫も深く潜れて、自然に近い状態で飼うことができます

まず、注ぎ口をカッターなどで切り落とします。

その際はペットボトルを床の上に置き、上から斜め下に押し込むように切ってください。

次に、切り落とした注ぎ口を煮沸消毒(20~30秒)し、冷却します。

最後に、不織布を切断面にかぶせ、切り落とした上部と接続して完成です。

コバエ対策のために不織布で覆います。

容器が完成したら、幼虫1匹と市販の幼虫マット(底から20㎝前後)をケースに入れましょう。

ペットボトルは立てた状態で、日の当たらない場所で管理してください

様子を見ながら、マットを換える必要があります。

マットを換える際は、古いものと新しいものを混ぜて使いましょう。

スポンサードリンク

蛹化(蛹になること)が近づいてきたらすること

幼虫の頭の幅が1㎝くらいになったら、次の作業を行ってください。

飼育ボトルの底から約10㎝を指でしっかり押し固めましょう

こうすると、幼虫が安心して蛹になる準備を行うことができます。

まとめ

私たちの身の回りにあるものを使ってカブトムシを飼えるとは、まったく知りませんでした。

手軽に作れて、スペースもとらないので、アパートなどでも管理がしやすいと思います。

ペットボトルでの飼育に興味をもたれた方は、ぜひ一度お試しください。

スポンサードリンク