カブトムシを飼育する際にわからないことがあったら、

ネットや知り合いに飼育方法を聞いたりすると思います。

その時に本当にあっているのかと疑問に思うカブトムシの生態がたくさんあると思います。

今回は間違って覚えられてしまっているカブトムシの生態について調べてみました。

カブトムシ きゅうり 成虫 下痢

成虫の餌にきゅうり

スイカを与え過ぎるのは良くないという話は有名ですが、

もちろん同じウリ科であるきゅうりも控えた方がいい食べ物の一つです。

与えたからといってカブトムシが亡くなってしまうことはないのですが、

ウリ科の食べ物は水分が多く、栄養が少ないので餌には適していません。

与えるものに困ったら昆虫ゼリーが一番いいと思います。

栄養価が高く昆虫に合わせて作られているので安心して与えることができます。

きゅうりも与えれば食べますし、

たまにでしたら少しくらいは与えても問題はないと思われます。

カブトムシにあった餌を与えてあげるのが一番です。

スポンサードリンク

カブトムシも下痢になる

これは間違っている情報の一つです。

カブトムシの成虫はもともと糞が液状であるため

下痢になってしまったと勘違いする人がいるようです。

幼虫は腐葉土を食べるので糞が固体ですが、

成虫は樹液が餌なので液状になります。

飼育しているカブトムシが液状の糞をしていても、

それが正常なので心配する必要はありません。

カブトムシにスイカを与えると下痢になるといった話はよくありますが、

カブトムシが下痢になることはないので、

スイカなどのウリ科の食べ物も少しくらい与えても問題ないはずです

まとめ

間違った情報が当たり前のように流れていたりするので、

何かわからないことがあったときはお店の方に聞くのが一番かもしれません。

お店で餌を選ぶときにどのようなものをどれくらい与えればよいか、

一番よく分かっているのは店員さんだと思うので、

なにかあったらお店に行って問題解決することをおすすめします。

もちろんネットの昆虫のサイトで検索してみてもいいと思います。

わからない、怪しい気がすると思ったら迷わず調べてみることがいいと思います。

スポンサードリンク