カブトムシを食べる動物は基本的に、同じ森林に生息する小型の猛禽類やイタチ類、キツネ、タヌキ、サルなどの雑食性の動物になります。

しかし、飼い猫がとカブトムシを捕まえてきたという経験がある方やもいると思います。

今回は、猫やカラスなど都会で見られる動物とカブトムシの関係について調べてみました。

カラス 猫 カブトムシ 食べる

猫やカラスはカブトムシを食べる?

カラスは雑食性のため、昆虫も食べます。もちろんカブトムシもその対象になります。

体が大きく、動きが鈍いカブトムシは捕まえやすい良い餌となります。

カラスはよく住宅街でも見られるため、森林に生息するカブトムシがなぜ捕食対象になるのか疑問に思う方もいると思います。

カラスは、昼間は住宅街など人の多い場所で見られますが、巣は山の中にあることがほとんどです。ですので、カブトムシが捕食対象となることは珍しくないようです。

しかし、猫がカブトムシを餌とすることがあるのでしょうか。猫は基本的に昆虫を好んで食べることはありませんが、絶対に食べないということはないようでたまに捕まえては食べたりすることもあるようです。

また、食べることはしなくても、猫にとってカブトムシはいいおもちゃになるようです。餌にするために捕まえるというよりは、遊ぶために捕まえることが多いようです。もちろん食べても害はありません。なので飼い猫がカブトムシを食べていても慌てる必要はありません。

スポンサードリンク

まとめ

カラスがカブトムシを食べることに驚きはありませんが、猫がカブトムシを食べるとなると少し動揺するものです。害はないとわかっていても、飼い猫がカブトムシを捕まえてくることはやめてほしいと思ってしまします。

また、カブトムシを飼育している方は、飼い猫や野良猫、カラスには注意が必要かもしれません。カラスも猫も頭のいい動物なので簡単にケースを開けてしまったり、一度覚えてしまうと何度も繰り返すようになるので注意が必要です。

大切に飼っているカブトムシが食べられていまわぬよう気を付けてください。

スポンサードリンク