いろんなカブトムシを集めることが趣味の方や、自ら林や森に行って採取してくる方などたくさんのカブトムシマニアがいると思います。

カブトムシは、夜行性なので夜に樹液を求めて木から木へ飛び移ります。

甘い匂いに反応するのでその習性を活かして採取するといいかもしれません。

今回は、カブトムシの採集、採取トラップの方法について調べてみました。

カブトムシ  採取 採集 方法 トラップ

採集方法

カブトムシは基本的にコナラやクヌギがある林や森に生息しています。

昼間でも樹液を吸っているので捕まえやすいと思います。

最近はホームセンターでもたくさんの昆虫を販売しており、変わった種類のカブトムシを見かけることもあります。もっと変わったカブトムシを採集したい場合は、年に数回各地で開催されているレプタイルショーに足を運んでみるのもいいかもしれません。日本では見られないたくさんの種類のカブトムシを展示、販売しているショップが並んでいます。

採集は購入して手に入れることも含まれるのでいろんなショップを調べてみるといいでしょう。

スポンサードリンク

採取トラップの作り方

上記にもありますが、カブトムシは甘い匂いに反応して飛び回るので木や、家の前にトラップを仕掛けると簡単に採取できます。

トラップにはいろいろに種類がありますが、最も簡単なのは虫かごに昆虫ゼリーなどをいれて扉を開けておくことです

虫かごだと逃げやすいのでペットボトルなどを工夫して入り口を広くし、中に進むにつれて狭くなるようなトラップを仕掛ければ大抵のカブトムシは出られなくなり採取することができます。

他にも段ボールなどの箱に一か所だけ穴をあけ、中に餌を入れて置いておくと中に入って出られなくなっていたりするので簡単に採取できます。

まとめ

今はカブトムシを集めることは子供だけの遊びではなくなってきています。大人でも楽しめ、たくさんの種類がいてみてるだけでも楽しいのでショップに行くのもいいかもしれません。日本では採取できない変わったカブトムシが見られます。

くれぐれも外来種のカブトムシを逃がしてしまわぬようにしてください。ぜひ、参考にしてみなさんも採取をしてみてください。

スポンサードリンク