カブトムシの餌と言えば、昆虫用のゼリーが定番です。

毎日同じものばかりで飽きないだろうかと思ったことはありませんか?

では、野菜や果物、砂糖水を与えてみてはどうでしょう?

その前に、与えても良いのか確認をしていきたいと思います。

カブトムシ 餌 バナナ スイカ 砂糖水

果物や砂糖水を与えてもいいの?

これに答えるのは、とても難しいです。

結論を言いますと、限定的にえてはダメというのが通説です。

「限定的」にと答えた理由は、2つあります。

1つ目は、下痢を引き起こす可能性があるため。

スイカや砂糖水などは、水分が多いわりに栄養分が少ないのです。

そのため、カブトムシが下痢になってしまうかもしれません。

したがって、「スイカ」や「砂糖水」は餌としては適しません。

2つ目は、野菜や果物であっても水分の少ないものであればよいため。

スイカやメロンに比べると、バナナやリンゴは水分量が少ないです。

そのためバナナは餌として、与えてもよいということになります。

スポンサードリンク

バナナを与える際に注意することは?

夏の暑い時期、どうしても常温の飼育ケースの中は腐りやすくなってしまいます。

傷んだ果物をカブトムシが食べてしまうと、体長を崩してしまいまいます。

場合によっては、それが原因で下痢になり、脱水症状で亡くなってしまうそうです。

もし、バナナを餌として与える場合は、カブトムシの様子を見ながら片づけてください。

時間がなくて難しい場合は、予め時間を決めておいて食べても、食べなくても、

引き下げるようにしてくださいね。

 

まとめ

幼い頃にスイカを与えていた記憶がありますが、よくなかったのですね。

水分量の少ないリンゴやバナナはいいが、長時間放置することはできません。

生き物を飼うということは、1つの命と向き合うことと同じです。

スポンサードリンク