いったい日本にはどれくらいのカブトムシが生活しているでしょう?

日本に生息するカブトムシは10種類です。

その中でも、今回は小さい種類のカブトムシの見分け方について説明したいと思います。

カブトムシ 種類 小さい 見分け方

どんなカブトムシが暮らしているの?どこで買えるの?

ここでは小型のカブトムシ3種を取り上げたいと思います。

ヤマトカブトムシは、体長3㎝~5㎝です。

日本各地で目にすることができます。

ホームセンターやペットショップなどで買うことができます

クメジマカブトムシは、大きな個体でも体長5㎝くらいです。

その名の通り、久米島に分布します。

絶滅危惧種に指定されているので、購入する際はブリーダーに問い合わせてください。

コカブトムシは、大きなものでも体長2.5㎝くらいにしかなりません。

これも日本全土に広く分布しています。

こちらも絶滅危惧種に指定されていますが、ネット通販で購入することができます

スポンサードリンク

3種類のカブトムシの見分け方は?

ヤマトカブトムシは、甲殻が赤茶色をしているのが特徴です。

クメジマカブトムシは、角も短く全体的に小柄です。

コカブトムシの特徴は、オスの角も非常に小さく、しかも体格が小さいです。

以上のことから、ヤマトカブトムシはとても区別しやすいと思います。

クメジマカブトムシとコカブトムシの違いですが、

コカブトムシの方が小さく、しかもオスの角は1㎝未満しかありません。

よーく見ないと角を確認することができません。

ですから、オスの角を見てもらえれば簡単に見分けることができます。

まとめ

日本に住むカブトムシは、比較的小さいことが分かりました。

小柄ですが、生息地およびそれぞれ特徴的な部分があるので見分けやすいと言えます。

これらのカブトムシに興味がある方は、ネット通販などで購入されてください。

スポンサードリンク