カブトムシといえば立派な角が特徴です。

角を使って餌場の取り合いや雌の取り合いで相手を投げ飛ばします。

カブトムシの角は雄だけのものです。

世界各地に生息しているカブトムシですが、

形態が異なりいろいろな見た目のものがいます。

今回はカブトムシの角について調べてみました。

カブトムシ 角 三本 役割 意味

角三本の角

カブトムシの雄には頭部に大きな角があり、さらに胸部にも小さな角があります。

日本で見られるカブトムシの形態はこのようなものであり、

大きな角の先端が二つに避けています。

しかし、世界には三つの角を持つカブトムシがたくさん生息しています。

アトラスオオカブトはその中でも有名です。

他にもコーサスオオカブトやパプアサンボンヅノカブトなど沢山の種類が生息しています。

スポンサードリンク

角の役割と意味

角の数や形態は違っても役割はほとんど一緒です。

餌場や雌の奪い合いに使用されます。

もちろん長いものの方が有利であり、勝ち抜くことが多いです。

角を使用して相手を待ちあげ投げ飛ばします。

カブトムシ同士でも他の昆虫にも使用され必ず闘争の際に用いられます。

他の昆虫の中でもカブトムシは圧倒的に強く、昆虫の王者と呼ばれるほどです。

カブトムシの中には雄同士の闘争の際に

角を相手の胴体と首の間の柔らかい部分に入れ投げ飛ばす際に

首を取ってしまうなど恐ろしいことをする種類もいるようです。

また他の昆虫や雄だけでなく交わりを拒否した雌をあやめてしてしまうこともあります。

カブトムシの雄の角は昆虫界でも最強の武器になるのだと思います。

まとめ

やはり立派な角を持った雄のカブトムシはかっこいいと感じます。

世界中でも愛されている昆虫であり、中には五本の角を持つ種類や、

変わった形の角を持つ種類などカブトムシだけでもかなりの数の種類が存在します。

それを気軽に購入することははできないのですが、

マニアの中には珍しい種類のカブトムシを飼育している方がたくさんいるようです。

また、飼育の際、雄同士の闘争をなるべく避けるためにも

別のケースに分けてあげるのもいいかもしれません。

大切に飼育しているカブトムシなので、

できるだけ傷つけることは避けたいと考える方も多いと思います。

カブトムシを飼育する際は雄同士の闘争に気を付けて、

ぜひこの文章を参考にしてみてくだいさ。

スポンサードリンク