カブトムシの寿命は約一年です。

ですが奇形のカブトムシは、角の変形や体の変形などによりリスクがあるので短命になると言われています。

また、自然界では体の弱いものや変形のある物は弱い立場になるため、生き残れる確率も低くなります。

今回は、カブトムシの奇形の寿命について調べてみました。

カブトムシ 奇形 寿命 短い

カブトムシの奇形の寿命

奇形になる要因として一つは、遺伝子レベルでの傷が原因になることもあります。こういった場合は孵化するカブトムシの大半は奇形が出てしまいます。

角や体が変形している場合、生活にも支障がでるため、生き残れる確率が低くなります。

特に雄の場合は、角が変形しているとさらに支障が出ます

雄同士の闘争や、他の昆虫との闘争に負けたり、雌の取り合いに負けたりで子孫を残すことのできる確率が低くなるため、遺伝子レベルでの奇形は自然界では生き残れません。

奇形のカブトムシは争いに負ける確率が高いので寿命が短くなります。短命の原因は、餌の場所の取り合いや闘争で勝てないため生きていくことができなくなり短命になるのだと思います。

スポンサードリンク

まとめ

カブトムシの奇形は自然界では短命になりますが、飼育下ではあまり関係ないと思います。

もちろん奇形は体の表面だけに現れるものではなく、内臓や目、口などの奇形の場合は飼育下でも長く生存することは難しいと考えられます

奇形になる原因と形は様々ですが健常なカブトムシに比べると短命になるのは確かだと思われます。

飼育下なら奇形のカブトムシの生存率を上げることができるため、もし飼育しているカブトムシの中で奇形が生まれてしまっても、ケースを別にしてあげるなどの対処をしてあげることで、少しでも寿命を延ばしてあげることができると思われます

また、幼虫の飼育の仕方を改善することによって、奇形を減らせることがあるので、幼虫の飼育の仕方も視野に入れて飼育に力を入れてみるのもいいと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサードリンク