皆さんは、カブトムシの奇形を見たことはあるでしょうか。

カブトムシの奇形の原因には遺伝子以外で、幼虫や蛹の時の傷などが影響されています。ちょっとしたことでできた傷によって、成虫になってから影響が出てしまったりすることがあるようです。

今回は幼虫や、蛹の時が原因でできる奇形について調べてみました。

カブトムシ 幼虫 蛹 孵化 奇形

奇形の原因

カブトムシの奇形の原因の一つが遺伝子です。その他に、幼虫や蛹の時の傷などが原因で奇形となることがあります。傷ができて生き残れる確率が低くなりますが、それでも成虫にまでなれることができたカブトムシは繁殖にまで至ることができる確率はとても低いものです。

スポンサードリンク

幼虫や蛹の時や孵化が原因

孵化の時に傷ができたりしたまま成長すると奇形となることがあります。孵化の時に傷ができるとほとんどのカブトムシは生き残れませんが、まれにそのまま成長するものもいるようです。

幼虫の時に食べた餌に影響があったりすると体内に毒物が蓄積されたまま育ってしまいます。

また、幼虫は、蛹の繭部屋を壊してしまうことがあり、繭部屋が壊されると、中にいる蛹は圧迫されてしまい、体が変形するとされています。圧迫が原因で亡くなってしまうのですが、それでも生き残れたものは奇形として羽化して成虫になります。

孵化した幼虫や、成虫になる前の蛹は成虫のように体が硬くないので傷つきやすく、成虫よりは体が弱いです。なので、この時についた傷により、成虫になってから奇形として残ってしまい、奇形として成長し、短命につながります。

まとめ

幼虫や蛹は体が弱いので傷ができやすく、奇形が生まれやすくなるようです。

飼育下では生存率を上げることが可能となります。幼虫や蛹は別のケースに入れて飼育してあげるなどして対策をするといいと思います。

奇形と言っても対したことないものがほとんどとなるので、飼育の際も特に特別気にかける必要はないと思われます。奇形のカブトムシでも大事に育ててあげてください。

スポンサードリンク