カブトムシを繁殖させるために、累代飼育をされた経験のある方もいると思います。

累代飼育とは、近親交配をさせて、少ない種親で数が増やせたり、遺伝子の単少化で良型の親固体がもつ遺伝子を固定化させるために行う方法です。

基本的に人工繁殖はこの方法をされる方が多いと思いますが、奇形の原因にもなります。

今回は累代飼育と奇形について調べてみました。

カブトムシ 累代飼育 奇形

累代飼育

カブトムシを何代も連続で繁殖させている場合、累代繁殖となることが多いと考えられます。

少ない種親で、親のいい部分を兼ね備えた良性のカブトムシを何代にもわたって繁殖させることができます。しかし、良型の遺伝を引き継ぐ確率がある一方で、近親交配となるので、奇形が生まれる確率も上がります

奇形も遺伝してしまうので良性が生まれる一方、奇形も増えてしまい、いずれは奇形ばかりになってしまいます

累代飼育は良い部分もありますが、気を付けなければならない部分も多くなります。

スポンサードリンク

奇形の原因となる

上記にもありますが、累代飼育は近親交配を繰り返すため、奇形が生まれる確率が高くなります。

これは生物全てに当てはまるものなので有名です。もちろんカブトムシでも起こります。

自然界は広いので近親交配を避けることができますが、飼育下での累代繁殖となると奇形は避けて通れないものでもあります。

親が奇形となればその子供も奇形となる確率も高くなります。累代飼育は、何代も繁殖を重ねることで奇形が多くなり、最終的に良性が少なくなる傾向があるようなので注意が必要かもしれません

まとめ

できるだけ良性のカブトムシを繁殖させたいと思う方が多いと思います。ですが、近親交配を重ねることにより、奇形を多くしてしまう可能性も高くなります。

累代飼育は簡単なようで難しいと思います。できるだけ何代もの近親交配はさけて、良性のカブトムシをたくさん増やすためにもある程度の種親は必要になるのだと思います。

良性のカブトムシの繁殖を考えている方は、ぜひ、参考にしてみて繁殖を試してみてください。

スポンサードリンク