カブトムシはコナラやクヌギが生える山や雑木林を好んで生息しています。

カブトムシは夜行性の昆虫で、光に反応して飛ぶ習性があります。

日本各地に生息していて全国で採集することが可能です。

関東では里山に囲まれている栃木県は特にカブトムシの採集が盛んなようです。

今回は、栃木県の宇都宮での採集について調べてみました。

カブトムシ 採集 場所 宇都宮 スポット

宇都宮のカブトムシ採集場所

宇都宮は都会のように思えますが、里山に囲まれていて、周りには畑や果樹園がたくさん存在します。

カブトムシは果汁も好むので畑などでもたくさん採集することが可能だと思われます。

宇都宮では、特に鶴田沼緑地周辺が自然が多くカブトムシの採集場所として有名なようです。

また、カブトムシの採集イベントや放流イベントを行っている施設がいくつかあるようで観光客で賑わっているようです。

スポンサードリンク

スポットについて

カブトムシの採集スポットは、雑木林や公園、果樹園や畑ですがそれらの中には私有地であり、許可を得ないと採集することができない場所も多々あります。

それらの場所では、許可を得たとしても絶対に荒らすようなことはせずに、朽ち木を動かしたら元の場所に戻し、土を掘り返したら埋めて元通りにして迷惑がかからないようにしましょう。

宇都宮には、カブトムシ採集ではなく幼虫を自然界に放流して数を維持している活動もあります。

まとめ

カブトムシ採集は全国各地でできますが、放流イベントを行えるところは少ないと思います。

カブトムシの数を増やすためにも、たまには採集ではなく幼虫の放流体験をしてみるのもいいかもしれません。

採集だけでなく放流も行うことでカブトムシの数を維持することができ、毎年採集を楽しむことが可能にもなります。

数を維持することで、乱獲を阻止し周りの環境も破壊されることが防ぐことができるので自然保護活動を行ってみるのもいいかもしれませんね。

是非、宇都宮に行く際はカブトムシの幼虫の放流体験をしてみてください。

スポンサードリンク