皆さんは、カブトムシ採集を行う際に採集スポットについて調べてみたりすることがあるでしょうか。

カブトムシは、全国各地に生息しているポピュラーな昆虫ですが、どの世代からも人気で日本だけでなく世界から見ても人気が絶えないとても有名な昆虫です。

各県に必ずカブトムシスポットが存在します。

必ずスポットでないと採集できないということはありませんが、カブトムシスポットであれば、ほぼ確実にカブトムシを採集することが可能になります。

今回は、宮城県のカブトムシスポットについて調べてみました。

カブトムシ 採集 場所 宮城 スポット

カブトムシスポットについて

カブトムシ採集の際に、カブトムシスポットについて知っていると役に立つことがあります。

カブトムシスポットとは、カブトムシが好むコナラやクヌギが生える山や雑木林や果樹園がある場所になります。

また、幼虫は腐葉土や堆肥の中で育つのでそれらが存在する場所にもカブトムシが集まるためカブトムシスポットになりやすいです。

このような場所は、全国各地に存在します。

スポンサードリンク

宮城県の採集場所

宮城県には、カブトムシの採集場所で有名な場所がいくつかあります。

採集場所で有名な場所は、国営みちのく社の湖畔公園、オニコウベスキー場カブトムシ自然観察園、定義カブトムシの森があります。

これらはカブトムシの採集イベントも行っていて、子供から大人まで楽しむことができます。

他にも果樹園や、畑、公園などでカブトムシを採集することができます。

山に囲まれていてカブトムシの好むコナラやクヌギが生える山や雑木林が多いのでいろいろなところでカブトムシ採集をすることができます。

まとめ

カブトムシ採集の際、準備するものが多いですね。

準備の手間を省きたい場合は、施設などの採集イベントに参加すれば準備するものが少なくて済みます。

また、他の危険な生物に出会う確率も少ないので安全に採集することができます。

自然界のカブトムシを採集する際は、山や果樹園は私有地である可能性が高いので許可を得てから採集を行いましょう。

是非、採集の際は参考にしてみてください。

スポンサードリンク