夏になるとカブトムシ採集を行う方がたくさんいると思います。

カブトムシの成虫は6月から9月にかけてよく見ることができます。

カブトムシの成虫は6月上旬から羽化をはじめ地上に出てきます。

9月中旬には産卵をはじめ10月頃になるとだんだん成虫を見かけることはできなくなります。

成長段階ごとに採集する時期などが異なってきます。

今回は、群馬県でのカブトムシ採集について調べてみました。

カブトムシ 採集 場所 群馬 スポット

群馬県のカブトムシ採集場所

群馬県は、関東な中でも里山が多くカブトムシ採集に適している場所です。

カブトムシが好むコナラやクヌギが多く、腐葉土や堆肥がある山や雑木林や果樹園がたくさん存在します。

中でも群馬県高崎市の観音山では多くのカブトムシが確認されています。

カブトムシの大量発生が何回も起きたことがある場所で有名なので毎年たくさんの観光客などが集まるようです。

他にも、群馬県は果樹園や畑が多く存在し、それらの場所でたくさんのカブトムシが確認されています。

群馬県は山に囲まれているので街でもカブトムシの採集を行うことができるようです。

スポンサードリンク

スポット作り

カブトムシスポットは、年々減少しています。

大量に採集できる場所もありますが、その場所が拡散されてしまいたくさんの人がカブトムシの成虫や幼虫を採集してしまうと、次の年のカブトムシが減少します。

群馬県では、カブトムシの幼虫の移植を行ったりして数の減少を防ぐ活動があるようです。

人間の手で新たなカブトムシスポットを作ることが可能です。

幼虫を養殖し、カブトムシの幼虫が育つことのできる場葉土や堆肥のある場所に移植します。

そのようにして、カブトムシが減少した場所にカブトムシを増殖されることが可能になります。

まとめ

カブトムシの移植活動により、少しずつまたカブトムシの数が安定しつつあるようです。

しかし、大勢の人がカブトムシの乱獲を行うと、また数が減少してしまいます。

自然界のカブトムシの数を安定させることも大切です。

是非、採集の際はこれらのことを気にかけてみてください。

スポンサードリンク