皆さんは、カブトムシ採集の際にどのようにして採集場所を調べますでしょうか。

カブトムシの寿命は約1年です。

幼虫は冬から春にかけて腐葉土や堆肥の中で冬眠し、6月頃に羽化をはじめ、成虫となって地上に出てきます。

成虫は樹液などの甘い匂いや光に反応して飛び回ります。

秋になると繁殖し、成体は産卵後に寿命を迎えます。

今回は、石川県のカブトムシ採集スポットについて調べてみました。

カブトムシ 採集 場所 石川 スポット

カブトムシ採集スポットの特徴

カブトムシの採集スポットは、ほぼ毎年変わることはありません。

カブトムシは、コナラやクヌギが生える山や雑木林や果樹園、畑、公園を好みます。

また、幼虫は腐葉土や堆肥の中で育つため、それらが十分に存在する場所に好んで移動する習性があります。

なので、採集スポットを探す際は、それらが存在する場所を重点的に探してみると高確率で採集することが可能となります。

また、山や果樹園、公園以外でも採集スポットになる場所がいくつかあります。

カブトムシは、夜行性で樹液などの甘い匂いや光に反応して飛び回る習性があります。

なので、人里付近でも、街灯や自販機、家の明かりにも反応して寄ってくることがあります。

この習性を利用してトラップを作ることでカブトムシを採集することができます。

スポンサードリンク

石川県の採集場所

石川県は、山に囲まれていて雑木林や自然が多い公園が多く、県内全域でカブトムシの採集をすることができます。

特に決まったスポットはないのですが、採集体験が可能な石川県ふれあい昆虫館という施設があります

ここでは、自然界と違って施設内になるになるので安全に採集することができるため、子連れの方や観光客に好まれる場所です

まとめ

施設での採集体験は、マムシやハチなどの危険が少ないため子供連れには安心して採集できるのでいいと思います。

また、施設内なので天候に左右されることもないので、もし観光先で悪天候になってしまった時などの時間つぶしにもなるのでいいと思います。

しかし、採集イベントは季節限定となるので、期間を調べる必要があります。

是非、参考にしてみてください。

スポンサードリンク