カブトムシは、クヌギが生える山や雑木林の生える場所を好む夜行性の昆虫です。

夜は、樹液などの甘い匂いや光に反応して飛び回ります。

カブトムシは、全国各地に生息している昆虫です。

今回は、福岡県のカブトムシの採集場所について調べてみました。

カブトムシ 採集 場所 福岡 スポット

福岡県のカブトムシ採集場所

福岡県には、カブトムシ採集を楽しむことができる場所がいくつかあります。

特に有名なのは、越後川流域、早良区背振山、市内の古い神社や公園、朝倉市の雑木林などがあります。

福岡県は都心から出ると周りが山に囲まれています。

カブトムシの幼虫は腐葉土や堆肥の中で育つのでそれらが存在する山が周りに多いので都心付近でもカブトムシを見つけることができるようです。

スポンサードリンク

スポットの探し方

カブトムシはコナラやクヌギが生える山や雑木林を好みます。

カブトムシの幼虫は腐葉土や堆肥の中で育ちます。

なので、それらが多い公園や畑、山などで高確率でカブトムシを発見することができます。

カブトムシの採集スポットは、ネットで調べると毎年どこでどれくらい獲れたかという情報を得ることができます。

他にも、木の種類を覚えるとネット情報に頼らなくとも、簡単にカブトムシが存在しそうな場所を見つけることができます。

畑や果樹園、公園など樹液や果汁を好むカブトムシが集まりやすいです。

また、畑など腐葉土や堆肥がある場所は、カブトムシの繁殖場所になるので、カブトムシが集まりやすいと考えられます。

まとめ

カブトムシは、日本各地で見ることができる昆虫です。

もちろん九州でも簡単に採集することができます。

しかし、福岡などは、冬は雪が降るほど寒いので、飼育の際は、温度を管理して幼虫が安全に冬眠できるようにしてあげましょう。

その他は、特に問題がないので自然界のカブトムシを採集して飼育しても大丈夫です。

カブトムシ採集の際は、マムシやハチなどに気を付けてしっかりと準備をしましょう。

また、山に入る場合は、生物の他にも服装や、ケガ対策など気を付けなければならないことが多いです。

是非、採集の際は参考にしてみてください。

スポンサードリンク