羽化直後の注意点

カブトムシの幼虫が蛹となり6月から7月にかけて蛹は羽化し、蛹から羽化した直後の成虫の体は、柔らかく、固まっていません。

その時の色は、成虫本来の赤茶色や黒っぽい茶色ではなく羽の部分は白っぽい色をしています。

ですから、固まっていない体の状態の時に、体に触れると羽が閉じなくなったり、変形してしまいますので、触れないよう注意してください。

人口蛹室で羽化させた方は、特に移動の際、注意が必要です。

マット内で飼育している方は、カブトムシが自力で出て来るまで待つことをお勧めします。

カブトムシ 羽化 直後 失敗

羽化失敗の原因

蛹から羽化する際、何らかの原因で羽化がうまくいかず、失敗してしまうことを羽化不全と言います。

羽化不全になると角が曲がったり、折れてしまったり、前羽がうまく合わなくなったり、後羽が納まらなくなったり、羽が変形、変色したり、最悪の場合は、亡くなってしまいます。

その原因は、マット内で蛹となる時の蛹室の異常が考えられます。

マット内の水分が足らずに天井が崩壊したり、蛹室の大きさが合わずに変形したり、水溜まって、窒息したりします。

確実に羽化させるためには、適正温度で直射日光を避け、風通しの良い涼しいところで管理する。

或いは、人工蛹室へ移してやると良いでしょう。

人口蛹室へ蛹を移動するときは素手で触らないように注意しましょう。

スポンサードリンク

まとめ

カブトムシの蛹から成虫へと羽化する際、体は直ぐに固まらないので、しばらくして身体が固まってから羽化した成虫は、土から出てくるようです。

羽化する際に、蛹室が小さすぎたり、崩壊したり、人間が触ったりして体に圧力がかかると、羽化に失敗して、羽化不全となり奇形のカブトムシとなってしまいます。

また、完全に成虫になる前に亡くなってしまうこともあるので、注意が必要です。

羽化直後のカブトムシの体は、とてもデリケートですので、素手でさわったりしないようにしましょう。

飼育する人の注意により健全なカブトムシの羽化が決まります。

確実に羽化させるのであれば人工蛹室を使うことをお勧めします。

スポンサードリンク