カブトムシの産卵から孵化するまで

カブトムシを飼育する中で、カブトムシが産卵してから孵化するまでにかかる日数を調べてみると、カブトムシの種類や環境の条件よっても異なりますが、だいたい産後1ケ月から2ケ月くらいで、孵化しているようです。

マットの湿度が保たれている必要があり、軽く握って丸く固まる程度が良いようです。

カブトムシ 孵化 確率 日数 温度

カブトムシの卵から幼虫になるまでの確立

管理温度で卵から幼虫へ孵化する確率は、変わってくるようです。

また、マット内の水分量によっても変わってくるようです。

上記した条件を目安に飼育をしましょう。

マット内が乾燥しすぎてカラカラになったり、逆に水分が多すぎてマットがベトベトにないよう注意が必要です。

適正に管理飼育した場合の平均孵化率は、50~60パーセントくらいです。

スポンサードリンク

カブトムシの卵から幼虫になるための温度

卵から幼虫になる間の温度により、孵化のスピードが変わってくるようです。

管理温度は、18度から28度くらいが良いようです。

飼育温度によっては、成長のスピードや成虫の大きさに左右する可能性があるようです。

人間が衣食住する環境である室内は、クーラーなど人工的な温度調節による急激な温度変化があるため、孵化への影響を考えると自然な温度変化である場所での飼育が好ましいと思います。

まとめ

カブトムシの卵から幼虫に孵化させるために何か特別なことをする必要はないようですが、マット内の環境を適切に保つことが大切なようです。

特に、マット内の乾燥には、注意が必要なようです。

温度は、季節の移り変わりの中での温度で大丈夫なようですので、人工的に温度調節する必要はなさそうです。

自然に任せた温度でほぼ孵化すると思われますが、エアコンやクーラーのスイッチを入れたり切ったりする急激な温度変化のある部屋での飼育は避けた方が良さそうです。

孵化のスピードや成長、また、成虫の個体の大きさには温度が影響する可能性があり、低温時(適正温度内)での飼育の場合の方が成虫の個体の大きさは、大きくなるという調査結果もあるようです。

孵化へのカギは、マット内の水分量を安定させ、自然な温度変化であることのようです。

スポンサードリンク